ebook「就労ビザガイドブック」


外国人が日本で就労するためには、日本の出入国在留管理庁にビザの申請を行い、就労の許可(在留資格)を取得する必要があります。就労ビザを取得していない場合や資格範囲外の就労が行われていた場合は不法就労となり 外国人本人および受入事業者が法律により罰せられる可能性があります。技能実習生を受入れている企業で不法就労者を雇用していた場合、事業者名が公表され、3年間の実習生受入れ停止処分になることもあります。就労ビザにはどのような種類があるのか、就労できるビザにはどのようなものがあるのか、類似したビザと比較して「何が違うのか」解説していきます。

オンライン相談予約 オンライン相談予約 資料請求 資料請求 お問い合わせ お問い合わせ 動画解説 動画開設