ebook「ポイント要約 介護実習生の基礎知識」


少子高齢化の進む日本は、介護人材の育成に待ったなしの状況です。団塊の世代がすべて75歳以上となり要介護高齢者が増加する2025年には248万人の介護人材が必要とされていますが、その必要な人数に対して30万人が不足するともいわれています。 EPA、在留資格「介護」に加え、特定技能ビザも始まりましたが、介護の現場で活躍できる人材を育成するのであれば、やはり技能実習生として経験を積んでいくのが現実的といえるでしょう。他の職種とは少し要件の異なる介護技能実習について、わかりやすくまとめました。

オンライン相談予約 オンライン相談予約 資料請求 資料請求 お問い合わせ お問い合わせ 動画解説 動画開設