日本入国前の感染防止対策及び事前手続き(ファストトラック)利用の徹底について

日本入国前の感染防止対策及び事前手続き(ファストトラック)利用の徹底について

2022年3月1日から外国人の新規入国が段階的に緩和され、今後、入国時の検疫・入国審査・税関手続等において更なる混雑が見込まれます。

円滑な入国手続のため、実習生が入国する前に「ファストトラック」の手続きを行うようお願いいたします。

01 ファストトラック(入国時の検疫手続の一部の事前登録)とは

ファストトラックとは、日本入国時に空港でおこなう様々な検疫手続きの一部を事前に登録することで、入国時の時間をかけずに簡略化することができる事前申請の手続きのことです。

  • ・出国前72時間以内の検査証明書
  • ・個人誓約書
  • ・ワクチン接種証明書などの書類

ファストトラックの利用により以上3点の確認手続きを事前に済ませることができ、入国を円滑化することができます。

02 ファストトラックの利用方法

ファストトラックを利用するにあたっては、いくつかの注意点がありますので、順にご説明していきます。

02-01 ファストトラック適用対象者

ファストトラックを利用できるのは、2022年4月現在、以下の空港からの入国者になります。

  • ・成田国際空港
  • ・羽田空港
  • ・中部国際空港
  • ・関西国際空港
  • ・福岡空港

02-02 ファストトラック利用にあたり用意するもの

ファストトラックを利用するにあたって、以下のものを準備しておく必要があります。

  • ①MySOSがインストールされたスマホなど
  • ②パスポート番号
  • ③ワクチン接種証明書
  • ④出国前72時間以内の検査証明書

※③と④は画像データでの準備が必要です。

02-03 ファストトラックを利用するにあたっての注意点

搭乗便到着予定日時の16時間前までにアプリ上での事前登録が完了しないと、ファストトラックをご利用頂けませんのでご注意ください。

ファストトラックの手続きは、エヌ・ビー・シー協同組合のスタッフもサポートいたします。
お気軽にお問い合わせください。

オンライン相談予約 オンライン相談予約 資料請求 資料請求 お問い合わせ お問い合わせ 動画解説 動画開設